保育士でキャリアアップ、主任を目指すには

保育士主任

保育士は他の職種に比べて、階級が少ないです。会社なら係長・課長・課長…といったように役職があります。経験を重ねれば、または仕事で大きな成果を上げれば昇進が望めますが、保育士はほとんどありません。成果があっても、それは子どもの成長過程のものであって保育士の手柄とは呼べませんよね。保育士はあくまでも黒子に徹するべしというのが鉄則です。また役職といってもリーダー・主任(副主任)・園長のみで小規模園では園長だけの場合もあります。だからこそ公立・私立共に保育士のキャリアアップはなかなか狭き門です。

いいえ、私は主任を目指す!というハングリーな保育士に向けたキャリアアップのコツです。

保育士主任
保育士主任

○主任保育士の仕事とは

保育士の経験8年以上が必要な主任は園長の補佐役として園の経営状態の把握・地域関連部門や役所部門との連携など、仕事内容は一保育士とはがらりと変わります。だからこそ経験を積めば誰もがなれるものではありません。先に述べたように保育士の役職はとても少ない分、職位を持つとその重責は一気に増します。また上(園長)と下(他保育士)との板挟み、現場での意見と経営面から見た理想とのギャップに現場が混乱しないよう調整をする能力も要求されます。保育そのものが一昔前より高い質を求められているので、保育士の育成も主任の仕事となります。そのために自分自身が保育に対する高い意識を持つ事も要求されます。

 

○主任を目指したいが、叶えられない状況にある場合

園の規模が小さい、系列園がない、主任が空く状況がないなど、昇格状況が厳しい場合は転職も視野に入れる事をオススメします。現在の園でしっかり経験を積み、主任クラスの求人に応募するというのも可能な方法です。その際はただ経験を積むのではなくスキル育成を自ら行うことが望ましいです。先にも書きましたが、黒子に徹する保育士には目に見えてキャリアは得にくいです。ただベテラン保育士では新人教育は任されても、主任にはなれません。保育士のキャリア育成にオススメなのは資格取得です。臨床心理士やチャイルドマインダー、社会福祉士など一見すると保育士には関係ない資格のようですが、園児や保護者に寄り添う専門家、カウンセリング能力を持つ保育士としてキャリアアップするには是非取得したい資格なのです。

(記事を書いたひと:高知県 30代後半 女性 保育士)

いかがでしたか。一般保育士とは違う物の見方も必要となる主任保育士。子どものため・保護者が安心して預けられる環境を作るプロであり、現場全体を見渡せる人であることは間違いありません。そんな素晴らしい主任保育士を目指して、頑張って欲しいと思います。

コメントを残す